2015年06月


「確かにライフスタイルの修正は重要なことだ。しかし、ライフスタイルを修正したからといって必ずしも状況が良くなるとは限らない。」

この「確かに〜しかし」は諸問題を回避するための便利なフレーズです。

「もし〜ならば」は責任転嫁に極めて便利な論法になります。

いずれにせよ、「確かに〜しかし」「もし〜ならば」が自分の口をついたら、人生の問題から逃げている自分がいないか、厳しくチェックすべきです。



不完全な自分に勇気を持つ

「自分は誤りを犯すものだということを謙虚に認め、自分の人間的価値が失われるなどと思わずに誤りを素直に受け入れましょう。

そして何より、私たちは完璧を求めているのではなく、向上したいだけなのだということを心にしっかり留めておきましょう。」
ルドルフ・ドライカーズ 

「他者がいつも必ずと言ってくれるとは限らない。このような場合、他者から注目されなくても、そのことを不満に思わないでいたい。」
岸見イチロー

相手の感謝を期待するのは、実は自己中心的な考え方に他なりません。



sc_20150621122837





人生の意味とは何か?

「誰にでも当てはまるような人生の意味などありません。人生の意味とは、自分が自分の人生に与えるものです。」

そのひとが死ぬ間際に自分の人生について後悔することがなければ、その人生はその人にとって意味のあるものだったのでしょう。
「貢献こそ真の人生の意味」



↑このページのトップヘ